ホーム  >  さらなる建物性能を高める技術。

木の剛邸

地盤・基礎、設計など、あらゆる面で耐久性を強化しています。

地震に強いパワービルド工法の、優れた耐震性・耐久性を存分に生かすために、地盤や基礎、材料、設計など、あらゆる部分で建物の性能を強化する対策をご用意。これらを組み合わせて採用することにより、さらなる強固な建物をつくることができます。

pb_pt05_01

耐久性に優れた
[鉄筋コンクリート基礎]

pb_pt05_02

基礎は、建物をしっかりと地面に固定するだけでなく、建物の重さをしっかりと受け止め、地震や台風時には大きな外力から住まいを守らなければなりません。鉄筋入りのコンクリート基礎としているため、耐久性に優れています。基礎と土台を緊結するアンカーボルトは、1本1本の耐力を確認。土台と柱は高強度のオリジナル専用金物で強固に固定。 1階床を支える大引は、強度の高い鋼製束で支え、受け止めた力を基礎から地盤に伝えます。

シロアリに強い[土台材]

pb_pt05_04

土台の防腐・防蟻対策として、土台材には国産材桧もしくは米ヒバを標準採用しています。国産材桧もしくは米ヒバは、腐朽菌に対する殺菌作用やシロアリに対する抵抗力を備えた物質を含んでいて、優れた耐久性があります。

壁の中の湿気をおさえる[壁体内通気]

pb_pt05_03

建物を長もちさせるために壁体内通気を採用。建物の耐久性の低下につながる内部結露や木部の腐朽などを防ぐために、壁体内に通気層をつくり、壁の中に入った湿気を素早く排出します。

ページトップへ