ホーム  >  NIHON NOIE PROJECT

NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOUバナー

“ TOKYO HOUSEで取り扱い開始! ”

Dolive ✖️ SOU・SOU ✖️ 社外取締役

クリエイターのコラボレーションが生んだ

これまでにない“和”の暮らし。

NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOU


日本の風景イメージ

コンセプト

”和”の空間は、

気持ちを素直にしてくれる。

新しさにワクワク。

でもどこかなつかしい。

そんな和のデザインで、

自分たちらしい暮らしを

コーディネートしてみませんか。

“和”の魅力を自由に解釈した

新しい“和”の家。

昔ながらの懐かしい“和”のデザインに

「SOU・SOU」のポップさがコラボレーションした、

現代のライフスタイルに合う“和”の家。

「SOU・SOU」のテキスタイルを用いた暖簾をくぐり、

通り庭の石畳のアプローチに立つ。

梁が見える屋根を見上げれば、そこには空を仰げる天窓が。

室外を室内のように感じさせる通り庭から土間、玄関に入り、

右手には“離れ”をイメージした和室。

和室奥の床の間と縁側で、昔ながらの和を感じながらも

「SOU・SOU」の壁紙がポップな“和”の空間を演出します。

和室は客間にもリラックススペースにもなり、いつでも和める空間に。

リビングのソファの張地や水回りの壁にも「SOU・SOU」のテキスタイルを採用。

四季の移ろいを感じ、“和”に囲まれる家で暮らす日々で、

住む人の所作も“和”になっていく。

家族一人ひとりのライフステージに合わせて

家自体を育てていける工夫も、この家にはあります。


ポイント

NIHON NOIE PROJECT外観イメージCG

大屋根の軒はめいっぱい低く下げ、

先鋭的でありながらどこか懐かしさを感じる“和”のフォルムに。

暖簾には「SOU・SOU」のテキスタイルを採用。

NIHON NOIE PROJECT玄関アプローチイメージCG

縁側と和室に面した、玄関へつながるアプローチ。

大きな梁を見せる天井は、

軒先を低く抑えることで品の良い空間に。

食堂は通り土間とし、伝統的な和を意識している。

NIHON NOIE PROJECTリビングダイニングイメージCG

玄関を介して配置された居間と和室。

造作のソファは階段へつながるデザイン。

居間と食堂の段差はダイニングチェアとなり、

機能性と動線を兼ねている。


*住宅ブランド「Dolive」が テキスタイルブランド「SOU・SOU」とクリエイティブプロダクション「社外取締役」と作った家です。

*掲載のCGパースはイメージです。実際とは異なる場合がございます。

*建築する際には付帯工事や登録に係る手数料等の費用が必要となります。

LINEからのお問合せも可能です!

お友だち追加はこちら→

友だち追加QRコード

ページの上部へ